• 2022年3月3日
  • 2022年4月30日

登り窯と萩焼から知る、岡田裕と岡田窯200年の変遷

萩市椿東エリアで江戸時代から200年以上続く歴史を持つ窯元「岡田窯」。現在、山口県指定無形文化財萩焼保持者である八代目、岡田裕さんはこれまでの陶芸家人生で数々の賞を受賞しながらも、留まることなく常に新しいことに挑戦する姿が印象的です。今回は、岡田窯と […]

  • 2022年3月3日
  • 2022年4月30日

唯一無二の萩焼。作家、岡田裕が魅せる「炎彩」

岡田窯八代目、岡田裕さん。最大の特徴である自身が生み出した技法「炎彩」(えんさい)は、旅先であるシルクロードでみた山々や砂漠、自然をイメージしているそうです。日本の伝統と海外、シルクロードの融合が美しい焼き物となって表現されているその姿は、萩焼初心者 […]

  • 2022年3月3日
  • 2022年4月30日

200年続く窯元に生まれた岡田泰が感じる、萩焼の未来と父の背中

窯元で生まれ育ち、自分も作家になるまでのストーリーとプレッシャー、そして若手作家として考えるこれからの「萩焼」についてのお話です。 山口県指定無形文化財に指定されている父「岡田裕」へのリスペクトが感じられる想いにも注目です。 窯元で生まれ育つことの当 […]

  • 2022年3月3日
  • 2022年4月30日

萩焼作家、岡田泰。萩の海が生んだ淡青釉と作家の葛藤

萩で200年以上続く岡田窯の岡田泰さん。作家としての修業期間と、泰さんの代名詞でもある新しい萩焼「淡青釉」が生まれたきっかけ、さらに作品に対しての責任が感じられるインタビューです。 納得のいかない作品を割る時の作家の気持ちを言及している部分では、私た […]

  • 2022年1月16日
  • 2022年4月30日

一つひとつの作品にストーリーを。「波多野英生との作陶体験物語」

萩市の波多野指月窯「波多野英生さん」へのインタビュー後半は萩焼体験ツアーについてです。他のツアーとは一味違ったプレミアムな体験ができるツアーについてお伺いします! 提供する側も「やってみたい」と思うツアーに ── 体験ツアーを始めようと思ったきっかけ […]

  • 2022年1月16日
  • 2022年4月30日

420年の伝統と今。陶芸作家「波多野英生」が考えること

萩焼の420年の歴史と伝統を受け継ぎ、今も第一線で作品を作り続けている窯元「波多野指月窯」。今回は、波多野英生さんへのインタビュー前半です。 波多野指月窯の萩焼体験ツアーを企画しているNTAトラベルが指月窯の特徴やこだわり、歴史についてお伺いしていま […]

  • 2022年1月7日
  • 2022年6月21日

萩焼の魅力とは。山口県が誇る“化ける”伝統工芸品

萩焼について 山口県の萩市で作られる「萩焼」は、伝統的工芸品として国に指定されている236種類*の工芸品の中の一つです。萩市内には現在も多くの窯元や萩焼専門店があり、日々新しい作品が生まれています。 萩焼は主に茶の湯の道具として親しまれてきました。素 […]

  • 2021年12月24日
  • 2022年5月28日

現役作家の窯で作るおススメの萩焼体験ツアー

山口県に旅行に行くなら、萩焼をお土産にするだけではなく、体験ツアーで自分だけの萩焼を作ってみませんか。 萩市には今でも沢山の窯元があり、現役の作家指導の下、所要時間わずか2、3時間で気軽に本格的な陶芸が体験できます。今回は、数ある窯元の中でも有名な「 […]